ビタミンみたいな成分について

ビタミンみたいな成分について

ビタミンみたいな成分について

 

ビタミンみたいな成分について

 

普段からビタミンという言葉は良く聞くと思います。
それではビタミンではないけどビタミン「みたいな」作用をするものがあるということはご存知でしょうか?

 

 

ビタミン様作用物質みたいなやつなのですが、例えば、ビタミンUと呼ばれるものやコリン、ビタミンPやビタミンQ、イノシトールという風にたくさんの種類があるのですが、これらは完全にビタミンの枠には入りません。

 

名前ではビタミン○というようにダイレクトにビタミンとついているにも関わらずビタミンの分類に入らないかといいますとビタミンの定義、条件に当てはまらないからという理由になります。

 

ビタミンというのは人の体で合成できないものや微量栄養素であること、後不足してしまった場合、欠乏症が発生してしまうといった条件があるそうです。

 

でも、ビタミン様作用の物質の場合はこれらの条件に当てはまらない物質なのでビタミンとしては分類されないということになっているのだそうです。

 

つまり、様作用物質の場合、体で作られている物質だったり、もし仮に足りなくなったとしても欠乏症が発生しないという物質になるのです。

 

 

ビタミン様作用物質の場合12種類がこの分類に入ります。
全く聞いたことがないような物質も含まれているのですが、一部を紹介しますと、一番馴染みがありそうなのはビタミンUになります。

 

一瞬、ピンと来ないかもしれませんが、キャベジンと聞いたら「ああ!」と納得するでしょう。
ビタミンUの別名はキャベジンです。
キャベジンの働きは商品そのもの手感じですが胃酸の出すぎてしまうのを抑えるように働いて粘膜の保護をしてくれるお手伝いをしてくれています。

 

また、フラボノイドも聞いたこと、ありますよね。
別名はビタミンPといわれています。

フラボノイドは大事な役割を持っているのです。
ビタミンCの働きをサポートしてくれて、血管を強化してくれます。

 

ちなみにビタミンPはかんきつ類、例えばレモンとかグレープフルーツといった中に多く入っているビタミンなので気になるところですよね。
また、普段、あまり聞かないようなイノシトールに関してもビタミンBの仲間なんですが脂肪に関する代謝などのサポートをしてくれるというありがたい存在です。

 

カルニチンはダイエットのサプリとかで見かけるようになりましたよね。
脂肪の燃焼に役立ってくれています。

 

他にもいろいろとたくさんあるのですが、聞きなれないものでもビタミンQといわれているユビキノンやビタミンFといわれている必須脂肪酸とかがあり、それぞれが色々な働きをしてくれています。

 

結構、体内で合成されて作られているものが多いのでビタミンという形では分類されていません。
なので全部覚える必要はないのかもしれませんが、ビタミンに関して興味があるという人は必要なビタミンを全部覚えてから調べてみると結構、勉強になると思います。

 

色々な成分が必要でそういったのを摂取しつつ人間の体って動いているんだなと考えると結構、不思議だなって思ってしまいました。


ホーム RSS購読 サイトマップ